化粧水をつけるときの素朴な疑問

普段化粧水をつけるとき、コットンを使ったり手ハンドプレスするなどして、
スキンケアしますよね?

もし、自分の肌が敏感と思うのであれば、コットンはやっぱりNGですが、
どちらにもメリットとデメリットがあるので、参考にしてくださいね。

まず、手で行う場合は刺激を与えず優しいケアができます。

体温で浸透しやすくなりますし、
肌に触ることでその時の質感がダイレクトに分かりますよね。

乾燥してガサガサしていたり、ニキビができそうなどがあれば、
それにピッタリのケアができるというものです。

ただし、不衛生な手で顔に触るのは禁物!

無添加やオーガニックコスメの普及で、品質の低下や劣化の原因にもなりますし、
何より肌トラブルにつながります。

それに対してコットンは、目のシワや小鼻などハンドケアでは見落としがちな細部まで、
しっかり浸透させることができますね。

また、収斂化粧水やふき取り化粧水などはコットンなくしてケアできません。

ただし、揺らぎやすい時期にはニキビを悪化させたり、
パッティングしている場合には、知らぬ間にキメを破壊してることも!

メーカーの推し進めるままにコットンを使ったりせず、
自分の肌と向き合ってその時の状態で使い分けることをおススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ