肌ケアだけじゃない!意外なベビーオイルの使い方

安価で手に入りやすく肌に優しいベビーオイル。女性なら緊急用に、家に1つは持っているのではないでしょうか?
けれど他にも肌ケア商品を持っているから、使う機会がないという人も多いようです。
余らせてしまったままではもったいないですし、あまりに古くなると肌につけるのはためらってしまいますね。
ここでは、ベビーオイルを肌ケア以外に有効活用する方法をお伝えします。

eca093ae007f4bb7e0cde0bd37282b10_s

・髪につけてトリートメントに
お風呂あがりのトリートメントに「椿油」などがありますが、ベビーオイルでも代用できます。
タオルでしっかり水分をオフしてから傷みやすい毛先につけて、その後に髪全体に揉み込んでドライヤーで乾かすだけ。
簡単にツヤが出る上に髪に悪い成分が入っていないため、いつでも使えます。

・綿棒につけて耳かきを
耳かきはあまりしつこくやってしまうと、外耳炎になる恐れがあります。ベビーオイルをつけた綿棒で掃除してみましょう。
オイルが汚れを浮かせてくれてきれいに取れます。同様に、へそのゴマを取るときにも使えます。

・金属、革を磨く時に
ベビーオイルを布につけると、クロムメッキ仕様のアクセサリーを磨くことができます。
金属の油汚れを取ることができるので、自転車にも有効です。そして革靴や革のバッグを磨けば、軽い防水加工もできます。
また開きにくくなった引き戸は、レールをベビーオイルで磨けば軽く開けられるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ