10代のナチュラルメイクのポイント

メイク初心者も多い10代。

ナチュラルメイクというのはよく聞くけれど、
ナチュラルメイクってどうすればいいのかわからない!
そんな声も耳にします。

まだまだお肌もピチピチな10代女子に♪
オススメのナチュラルメイクのポイントをご紹介します。


クマなどが酷い場合は化粧下地を使ってみましょう。

それでも隠れない場合はクマの箇所にのみコンシーラーを使います。

ファンデーションはあまりオススメしません。

ファンデーションを使用する場合は薄づきのものにするか、
フェイスパウダーを軽くつける程度でよいです。

ニキビ等で肌が荒れている場合はまずスキンケアから見直しましょう。

ニキビ専用の殺菌効果の高い化粧水を使ったり、
あまりに酷いようであれば皮膚科を受診することをオススメします。

肌の再生力もある10代ですから、
隠すことよりも治すことを重視してください。

テカリが気になる場合はアクネ系のフェイスパウダーを使って、
テカリを予防しましょう。

最後に顔色が悪い場合はコーラルピンクのチークをうっすら入れましょう。

頬骨上から斜め上へ向かってぼかします。

眉毛
ぼさぼさになっている部分があればカットしましょう。

書き足す場合はペンシルで1本1本毛を書き足すようにします。

塗りつぶしてしまうとナチュラルさが無くなるので気をつけます。

最後にスクリューブラシ等でぼかして地毛となじませます。

リップ
発色の薄いグロスを軽く伸ばしましょう。

たくさんつけるとテカテカになってしまい、
リップだけ浮いてしまう場合もあります。

血色がよければ軽くリップクリームを塗るだけでも自然に仕上がります。

アイメイク

アイラインを引く場合は睫毛と睫毛の間を埋めるのみにします。

ペンシルタイプで細かく左右に動かし、少しずつ描きましょう。

最後にビューラーで睫毛を上げてぱっちり目にします。

マスカラはできれば使用しない方がよいです。
特に重ね付けはナチュラルさがなくなるので厳禁です。

基本的に色のつくアイテムは全て薄くつけるようにしましょう。

最後に鏡で悪目立ちしているパーツが無いか確認して、
全体のバランスをみてください。

スッピンよりきれいに見える、さりげないメイクを心掛けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ